結婚して子供がすぐに生まれてスクスクと育っていくなかで、マンション住まいがとても窮屈に感じるようになりました。子供が小学校に上がる前に、どうしても一戸建て住宅に移り住みたいという大きな夢を持つようになりました。最初は、良い学校区にある新築の建売住宅の購入を考えていたのですが、たまたま立ち寄った住宅展示場のモデルハウスを見学していくうちに、建て売りよりも注文住宅を建てたいと思うようになりました。

ただ、最初は建売住宅と注文住宅を比較していてどうしても総費用の面でなかなか気持ちの整理がつかず、迷いました。私は子供にはこれから学費がどんどんかかっていくので、注文住宅にお金をかけてしまうと将来的な不安があるため、かなり消極的だったのですが夫は、断固長い目でみると絶対に注文住宅の方が良いと主張し続けたのです。結局、私が折れて大手のホームメーカーの注文住宅を建てることに決めました。

注文住宅は、メーカーにすべてを任せるのではなく、一緒に一から家づくりができる点ではものすごく魅力がありました。設計も自分たちの希望をしっかり含めてくれるので家が出来上がっていく一コマ一コマを共有できるという楽しさがありました。何度も建築現場を訪れて、こっそりと新築の家が出来上がっていく様を見学したり、ワクワクした日々を過ごすことができました。

家がいよいよ出来上がり、入居してからは、夫は自分が建てた家ということにとても満足をしていました。子供も自分の部屋や広々とした庭、広いバルコニーなどで、思う存分遊びまわっています。これから二人目が欲しいと思っていますが、この新しい我が家で家族が増えていくことも本当に幸せなことだと実感している毎日です。

家を持つということは人生で一度の大きな出来事です。だからこそ一戸建ての家を持つ時に妥協をしなかったことは後悔のない家づくりができてとても良かったと思っています。もちろん注文住宅であろうが建売住宅であろうが、最終的にはマイホームであることには変わりありません。でも我が家は注文住宅にして大正解だったと言えると思います。

英語上達の秘訣 お家の見直ししま専科 生命保険の口コミ.COM 工務店向け集客ノウハウ マッサージのリアル口コミ.com 貯蓄 住宅リフォーム総合情報 内職 アルバイト 住宅ブログ