暖炉のある家のメリット・デメリット

「暖炉のある家は素敵」とあこがれている方はいるのではないでしょうか。おとぎ話に出てくるようなイメージを持っていることもあると思います。

しかし、暖炉のある家にはメリットがある一方、デメリットもあります。メリットとデメリットを知って、暖炉のある家にするのか決めてみてください。

●暖炉とは

暖炉とは、レンガや石材で作られた家と一体になっている炉のことです。薪ストーブの場合は扉がつけられていることが多いですが、暖炉は扉がついていないものが多いです。

燃料は薪や石炭で、これを燃やして暖をとります。

●メリット

・安らぎを感じられる

薪を燃やして暖をとる暖炉は、炎のゆらぎによって安らぎを感じられます。暖炉の前に座ってお茶を飲む、そんなゆったりしたひと時を過ごせることでしょう。

・調理に使える

おとぎ話の中では暖炉で調理をしているシーンが登場しますが、おとぎ話の中のことだけでなく実際に調理をすることができます。マシュマロを焼く、煮込み料理を作るなどが可能です。直火で調理をすると、コンロで作った料理とは違った楽しみを感じられることでしょう。

・おしゃれな家になる

暖炉には北欧のイメージがあり、暖炉があるだけでおしゃれになります。北欧風のインテリアにしたい方は、暖炉があるだけで北欧風インテリアを作りやすくなります。

●デメリット

・部屋が暖まりにくい

暖炉は煙突を通して外部とつながっており、煙とともに熱も逃げてしまいます。炎が見えて暖かそうですが、部屋全体を暖めるには温かい空気を部屋全体に行き渡らせる必要があります。しかし、熱が煙突を通して外に逃げてしまうため、部屋は暖まりにくいのです。

・メンテナンスが必要

煙突にはすすがこびりつくので、定期的なメンテナンスが必要です。自分で行うことは難しく危険が伴うため、専門業者に依頼をします。依頼をすると費用がかかることも気になる点です。

・火の扱いに注意

扉がないので子どもが火に触れてしまうなど、日の取り扱いに注意が必要です。

メリットとデメリットを考慮して、暖炉の設置を考えてみてください。