家づくりで工夫したことは?

マイホームを作りたいと考えていたので、色々と新築物件の展示会場などへ週末や祝日を利用して物件見学会へ参加していました。住宅メーカーの方がいらっしゃるので、詳しい内容を色々とお聞きして、どういう部分を家を探す時には重視したら良いのか、そして家づくりのコンセプトなど、詳しくお聞きすることができたので、こういう機会は利用した方が良いですね。なかなか自分たちでは判断できないことも多々あるし、プロの住宅メーカーの方の意見は的確でわかりやすく説明して下さるから話しやすいです。そして一戸建て物件は建売と注文住宅がありますが、建売物件だと既に造ってあるので、デザインも似たような感じですし、やはりオリジナリティーがなく周辺も同じような家があるので、もう少し手を加えてアレンジしたいなぁと考えるようになりました。なので、注文住宅で家づくりをした方が良いかもと考えるようになったので、いくつか注文住宅を見学したり、空き地なども探すなど住みたいエリア周辺でリサーチしてみました。そうしたら、なかなか素敵な場所に空き地があったので、ここに家を建てたいと思うようになり、不動産会社へ相談したところ、売りに出てまもないとのことで、すぐ契約しました。そして家づくりをするためにいくつかプランを出してもらいました。環境に優しいECOな住宅にしたいなぁと考えていたので、断熱効果がある省エネ素材を用いて建設してもらうことにしました。高い気密・断熱性能がある住まいは光熱費も大幅に削減することができるし、部屋の中が過ごしやすくなるので、これはいいなぁと思い住宅メーカーの方と相談しながら決めました。長年住むマイホームは住み心地やECO・省エネを重視した住まいにすることで、かなり自然環境にも優しいし、快適な住まいになると実感しました。家づくりではECO・省エネを重視したマイホーム造りをしたことで、家で過ごす時間がとても充実しています。