東西南北それぞれの土地の向きの特徴

住宅を建てるときに気になることが日当たりです。南向きがよいと一般的にはいわれていますが、日当たりの良し悪しは土地の条件によって違ってきます。

東西南北それぞれにメリットとデメリットがあるので紹介します。

●日当たりの良し悪しに影響を与えるもの

土地の向きとは、敷地に面している道路の方角のことをいいます。家の南側に道路があれば、南向きの土地ということです。

日当たりの良し悪しの影響を与えるものは土地の向きだけでなく、周囲の建物、時間帯、日射角度なども影響してきます。たとえば、南向きの土地でも南側に大きな建物があれば、日当たりが悪くなってしまいます。南向きの土地が必ずしにも日当たり条件がよいわけではないのです。

●土地の向きのメリット・デメリット

東西南北それぞれの土地の向きのメリット・デメリットをみていきましょう。

・東向き

東向きの土地は朝から日が当たり、朝から温かさを感じることができます。早い時間帯に外に洗濯物を干せば、洗濯物の乾きが早いです。しかし、午後以降は日当たりが悪くなってしまいます。

・西向き

お昼頃から室内に日差しが差し込むようになり、その後は温かく過ごせます。夕日を見られることもあります。しかし、朝方は日差しが入りにくいため、寒い傾向があります。

・南向き

一日中日差しが入り込みます。昼間は太陽が高く昇るので、夏は室内に日差しが入り込みにくい一方、冬は夏に比べると太陽が高く昇らないので、室内に日差しが入り込んできます。南側にリビングを作ることが多くありますが、リビングが南側にある場合は外からの視線が気になるので、プライバシーの保護に注意が必要です。

・北向き

日差しが入り込みにくいため、夏でも比較的涼しいです。紫外線によるフローリングや壁の変色をしにくいです。しかし、冬寒いです。

東西南北どの土地の向きかによって特徴が違います。どのような生活を送りたいのかによって、土地の向きを考えてみてください。