二世帯住宅の家づくりをしました!

島根県松江市でマイホームが欲しいなぁと考えるようになり、やはり高齢者の親のことを考えると同居した方が良いなぁと思うようになりました。なので、二世帯住宅を考慮した家づくりがしたいと考えるようになり、何社か住宅メーカーを訪問して、島根県松江市での二世帯住宅について相談することにしました。まずは、新築一戸建て物件の展示会場へ足を運びながら色々と物件を見学しましたが、いまいちここに住みたいなぁと思えるような一戸建て物件との出会いはなかったので、家づくりを自分たちで希望を伝えて行った方が良いと思い、住宅メーカーの方へ相談しながらアドバイスをもらうことにしました。高齢者の親は1階部分に住み、私たちの家族は2階部分に住むようにして、生活ペースも全て違うため、お風呂・キッチン・トイレなど全てにおいて、共通部分はないように分けてから家づくりをすることにしました。こちらの希望をハッキリと住宅メーカーの方へ伝えたことで、色々と考慮して下さったのでなかなか満足度が高いプランが出来上がりました。これはには両親もとても喜んでくれたし、とにかく高齢者になるとちょっとした段差で転んでしまうケースが多いので、これは危険なため段差をなくしたバリアフリーにして、床を柔らかい素材にするなど、転んでも痛くならないような家づくりにしてもらいました。やはり転んだ時の衝撃は、かなり大変なのでそうした部分を考慮して住まい造りをしてもらったので、両親にとって最高の家づくりになりました。こちらが伝えたいことを明確に話したし、色々と考慮した上でマイホーム造りができたので、完成するまでワクワクしましたし、両親に最高のマイホームになりホッとしています。二世帯住宅は、納得できる家づくりをしたかったので、ちょっとした部分も妥協せずに伝えたことで、高齢者も安心したマイホームになり快適な日々を過ごせるようになりました。満足できる住まいになったことで、親も大満足しています。