注文住宅は、ランクアップばかり…

私が選んだハウスメーカーはローコスト住宅という点がウリのハウスメーカーでした。そのため、初めに紹介された値段はお手頃価格で、これなら私たちでも家を建てることができると思ったのですが、そんな甘いものではありませんでした。実際、話を詰めていくと、初めに見せてもらった金額はあくまでも、標準装備のものが付いた価格のみ。下駄箱やシステムキッチンの食器棚などは付いていませんでした。また、ガスコンロ一つでもランクアップすると良いものが付くと言われ、本当にキリがありません。

まず、悩んだのがシステムキッチンの大きさと食器棚です。標準装備のシステムキッチンは見た目もチープで、せっかく、家を建てるのなら少しは良いものが欲しいということに。そこで、色々なシステムキッチンを見せてもらうと見れば見るほど目が肥えてきてしまい良いものが欲しくなってしまったのです。それでも何とか予算を決め、予算内に納めることができました。

次に下駄箱です。下駄箱の場合、後からお店で購入したものを設置することも可能ですが、やはり、備え付けの方が良いということになり、初めに費用に入っていなかった下駄箱の費用がプラスされました。そのほか、収納を増やしたり、ベランダの手すりのデザインを良いものにしたりなどすると、あっという間に驚くほどのアップ料金になってしまったのです。もちろん、それでも、さすがローコスト住宅です。大手ハウスメーカーと比べると決して高額ではありませんが、初めに考えていた予算よりも大幅アップでした。

また、家を建てるということは、家電やカーテンなど色々なものを購入しなければいけません。初めにそれらにも予算を決めていたのですが、実際には予算内では購入することはできず、そこでも予算オーバーという結果に…。

このように聞くと、後悔ばかりのように思えますが、そんなことは一切ありません。一生に一度の買い物です。多少、予算オーバーしてもシステムキッチンなどグレードアップしておいて良かったと思っています。