アレルギー対策した新築一戸建て

家族全員、アレルギー体質なので、けっこう新築物件などの展示会場へ行くと、目の痒みが出たり、くしゃみを沢山するなど色々と体の変化が出てくるのを感じるようになりました。最初は全くわからず何だろう?と軽く考えていましたが、新築物件の展示会場を見学しないと、とても体調がよいのでこれは家の中にある何かの物質にアレルギー反応しているかもしれないと思い、住宅メーカーの方へ相談してみました。アレルギー対策物件の展示会場を案内してもらったので、そこでじっくりアレルギー対策すべき部分を家の中でアレコレ教えてもらいました。床はフローリングにして無垢の住まいにしたり、使用している接着剤や塗料なども化学物質が使われているため、アレルギー反応が出るケースが多いと聞き、とても参考になりました。そして住宅メーカーの方がとくに勧めてこられたのが、桐のクローゼットです。桐に含まれている成分はタンニン、パウロニン、セサミンがあり、これは抗菌効果・防腐・防虫効果を発揮するとのことで、アレルギー体質には最適だとのことで、かなり具体的なアレルギーをアドバイスもらいました。日本は高温多湿なのでカビの発生が多く、とくに近代的なコンクリートの住まいなどは、カビの発生がかなりトラブルになっていることがあると聞き、桐は湿度を一定に保とうとする性質があるのを活かして住まい造りすることで、かなりナチュラルな雰囲気でリラックスでき、カビ対策がしっかりできた住まい環境にすることができるのを知ることができました。桐材を使うことで、湿気がたまりやすい収納や押入れ、床や壁などに用いることで、かなり住空間の湿度を快適に保つことができ、同時にアレルギー対策ができるので心地よいマイホームを得ることができるのを知り、これはかなり興味を持ちました。ナチュラルな素材で香りもよいのでリラックス効果がありますし、長年住むマイホームは満足度が高いことを重視して選びました。